卓球を始めて1年経ちます。フォアのスイングが安定しません。基本を教えてください。

202 views
0

卓球を始めて1年経ちます。フォアのスイングが安定しません。基本を教えてください。

0

どんな打ち方でも全身のバランスが大切になります。動作の基本はどんな打ち方でも変わりません。

まず基本姿勢でボールを待ち、バックスイングでは上体をひねりながらラケットを後ろに引くと同時に重心を右足にのせ、ボールを打つための力をためます。次にひねった上体を戻しながら重心を左足へ移動させて、ラケットを前に降り出していき、しっかりとボールを見ながらインパクトします。インパクト後、ラケットを振り抜くフォロースルーは、返ってくるボールに備えてバランスが崩れないように注意してください。上腕と腕と重心の移動をうまく合わせることが、スイングの大きさに関わらず、大切です。

 

スイングの基本は、余裕があれば強く、早く打つ時は小さく軽く、です。大きなバウンドで遅く飛んでくるボールなら、大きなバックスイングで強打できるし、短くて速いボールなら、小さなスイングで素早く打たないと間に合わなくなります。インパクトに向けてラケットハンドを前へ振る時の回転の中心はスイングの大きさによって変化します。大きく強打する時は、回転の中心は腰になり、それより小さめのスイングの中心は右肩になり、前腕だけ動かすような小さなスイングの中心は右ひじになります。

強打のスイングは、上体は横向きになります。腰をひねり、左の方を内側へ入れるような感じで大きくラケットハンドを後ろに引きましょう。腰の前への回転を使って、腕を強く大きく振ります。腕の回転だけでなく、腰を中心にした体全体の回転力でインパクトしましょう。

普通のスイングは、上体はやや斜め横向きになります。スイングの回転の中心は右肩になります。肩の動きは小さめにして、肘と前腕を振りましょう。

小さなスイングでは、上体はほぼ正面を向きます。バックスイングはほとんど取らず、右足へ重心をかけましょう。前腕だけで、ラケットを前に出し、手首の動きでボールを打ちましょう。右肘が支点になるスイングです。

Question and answer is powered by AnsPress.io