サービスの練習方法を教えてください。部活でなんとなく10分間打ちっ放しです。

142 views
0

サービスの練習方法を教えてください。部活でなんとなく10分間打ちっ放しです。

0

サービスでは、ボールに回転をつけることと、長さの変化をマスターしなくてはいけません。

(1)回転をつける感覚を掴みましょう
サービスの回転はボールを切るという感覚を理解することが先決です。台を使わずに床に向けてボールを打ち、ボールのどこを、ラケット面のどの部分で、どう打てば、どういう回転がかかってどうバウンドするのかを確認しましょう。回転のかかり方は人によって異なります。自分の打ち方でどういう回転になるか覚えましょう。

(2)ショートとロング
台についてフォアハンドサービスで、ショートとロングの打ち分けを練習しましょう。
ボールに回転をつける必要はありません。スイングのスピードと第1バウンドの位置をチェックしながら、サービスの距離感を掴みましょう。第1バウンドの位置を変えずにショートとロングの打ち分けができるのが最終目標です。

(3)回転と長さの組み合わせ
回転をかけるコツと距離感が掴めたら、回転と長さ、コースを組み合わせてサービスを打つ練習をしましょう。初心者はバックスピンのショートサービスをミドル、フォア、バックへコントロールすることから始め、ナックルのショートサービス、サイドスピンのショートサービス、各球種のロングサービスも練習していきましょう。

(4)パートナーに返してもらう
ラリーをするのではなく、一方がいろいろな球種でサービスを出し、パートナーがそれを返すという繰り返しです。

(5)3球目を想定したサービス
威力のあるサービスで相手に甘いレシーブをさせ、スマッシュやドライブなどで攻撃するというパターンを3球目攻撃と言いますが、その3球目に持ち込むことを想定したサービス練習です。自分のプレースタイルに合わせて練習します。

例えば、ショートサービスの練習ポイントです。相手コートで2バウンド以上する短いサービスを出す最大の目的は、相手に強いレシーブをさせないことにあります。台上のレシーブになるために、相手は大きなスイングができません。ショートのバックスピンサービスで相手に安全なツッツキをさせて、3球目をドライブで決めます。アップスピン系サービスで相手のレシーブを浮かせるのか、相手のフリックを誘って、その浮き球をまちぶせるというパターンがあります。

ロングサービスの練習ポイントです。ショートサービスを警戒して台にくっついた体制をとる相手の逆をつくのがロングサービスの第一の目的になります。たまにロングを混ぜることで、ショートを出しやすくする狙いもあります。また、自分より台上プレーがうまい相手に対して、ラリー戦に持ち込むためにロングサービスを使う場合もあります。ロングサービスのレシーブは大きくなるので、ラリーの展開につなげやすくなります。

Question and answer is powered by AnsPress.io