自分にあった打ち方や戦型を見つけよう!ドライブ攻撃型の戦い方

ドライブ攻撃型は、特にフォアハンドとバックハンドのドライブ攻撃・スピードとスピン、パワーで得点する戦術です。ボールのスピード、スピン、パワーが主力の戦型ですから、さらに破壊力を増すためには、大きめのバックスイングから速く鋭く振り抜き、ボールにパワーを乗せるフットワークなどが要求されます。あまり動きが大きくなると、安定性に欠ける面もあります。

フォアハンドの打ち方

ドライブ攻撃型はフォアハンドが主力戦術です。このフォアハンドドライブをパワーアップするためには、大きいバックスイングから鋭く速いスイングで、ボールのスピードアップとスピンアップを目指します。そのためには、広いスタンスで下半身を安定させます。それから肩を中心とした体の回転と体重の移動をスイングに合わせて行います。強力な打球を送るためには、足腰に体重を預け、遠心力を生かし、軸足を使って重心の移動を行います。

基礎練習の方法としては、
(1)カット性のボールをクロスに打つ
(2)ショートをドライブで打つ
(3)ショートに対して左右のフットワーク
(4)ショートをドライブかスマッシュ
(5)コート後方でドライブの打ち合い

バックハンドの打ち方

フォアハンドにうまくつなげるためには、バックハンドを単調なものにしないようにすることです。
コースはもちろんのことコートに近づいてハーフボレーを打ったり、コートから離れてドライブボールやカットボールを打つなどして、スピードやスピンを変えるなど工夫も必要になります。

サービスの打ち方

ドライブ攻撃型のサービスは、第3球、第5球をドライブで得点するために効果のあるサービスを出すことが重要になります。バックからのネット側への下回転のショートサービスや、コーナーを狙っての前進回転のロングサービス、またフォアからの投げ上げサービスなどがあります。

レシーブの打ち方

ドライブ攻撃型のレシーブは、ネット際へのショートサービスに対してフリックという積極的な第2球攻撃のレシーブと、ツッツキかショートカットで確実に入れ、次の第4球で勝負をかけて安全性をとるレシーブがあります。投げ上げサービスに対しては、その変化をよく判断し、相手の第3球攻撃のチャンスを与えない場所に、思い切ったレシーブをすることが大切です。ロングサービスに対しては、その前進回転のスピードに速い動きで対応します、ロングサービスは相手も第3球攻撃を仕掛けるために出します。相手の待つコースをよく判断して、相手の裏をかいたり、また相手のスピードに負けないスピードやスピンのレシーブも必要になります。

身に付けたい4つのポイント

(1)フォアは前に踏み込む
ドライブ型はコート外で戦うことで威力あるドライブボールを打つことができます。コートから離れる時に先制攻撃を受けることがありますので、フォアで、後ろに下がってはいけません。フォアをつかれた場合は、できるだけ前方向に踏み込むことが必要です。

(2)思い切って振り切る
ドライブボールのスピードやスピンをさらに威力のあるものにするには、打つ前のバックスイングやインパクトのラケットの角度、そして、最後のフォロースルーお3つがスムーズに流れるような動きで一貫して行わなければなりません。ドライブボールを得点打とするためには、よく振り切ることが大切です。

(3)スマッシュは確実に決める
ドライブ選手のスマッシュです。とどめをさすスマッシュは確実に決めなければなりません。相手を守勢に追い込みながらスマッシュをミスすることは、得点が失点になるだけでなく、試合の流れをも変えることになりかねません。相手の動きを見て、臨機応変にコースを狙い、一呼吸を置いて、スマッシュを叩きつけます。

(4)ロビングでしのぐ
ドライブ選手が攻め込まれた場合、効果があるのはロビングボールです。ロビングは相手のエンドラインギリギリに高い打点を送るのが効果があり、相手のスマッシュミスを誘うチャンスが多くなります。この場合、前進回転をかけることができれば、なお効果的です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ