自分にあった打ち方や戦型を見つけよう!カット主戦型の戦い方

カット主戦型は、コートから下がり、下回転ボールで相手のミスを誘って、チャンスには攻撃で得点するというカット(守備)を中心にしたプラス攻撃型です。同質のラバーによるカットはドライブの回転に不利ですが、粒高やアンチの変化ラバーと裏ソフトというように、ラケットの表裏のラバーを変えることによって生ずる、異質反転というはいテクニックでドライブに対抗しています。

ラケットとラバー

ラケットでペンホルダーのカット用のものは現在ほとんどなく、シェークハンドだけということになります。ラケットは、シェークの守備型で、楕円型の合板が中心になっています。基本的には弾まないラケットがカットには適しています。しかし、最近はカット主戦型でも攻撃力が要求されるので、少し弾むラケットを選ぶこともあります。守備重点化攻撃力重視にするかで、ラケットの選択も当然変わってきます。

グリップの基本

カット主戦型のグリップは、ドライブ攻撃型よりは全体に軽くソフトに握ります。カットの回転の変化、また攻撃という技術をこなすため、グリップに弾力性を持たせることが基本です。親指と人差し指でラケットの表と裏を支え、あと3本の指でグリップを握ります。特に小指はラケットのバランスを取るために重要な働きをします。柔らかく握って、手首を自在に使えるようにしておくことも大切です。

フォアカットの打ち方

カットにはフォアカットとバックカットがあります。フォアカットはバックカットに比べて、若干安定性に欠けます。それは、わきの下と肘が体から離れ、フリーになっていることが原因です。フォアカットは右足を後方に引いて、肩の高さで右腕を引きバックスイングを取ると、左肩と腕は体の前にきます。ボールが体の真横に来た時に、ラケットを斜めに振り下ろし、インパクトの瞬間手首を使ってボールに下回転をかけます。体重は構えた時にあった両足のつま先から、バックスイングで右足に移し、打球と同時に次第に左足に移していきます。ボールがラケットから放たれたのを見てから、初めの構えに戻ります。フォアカットはバックカットと異なり、腕が体から離れるので、安定性に欠けます。十分練習して、正しい肩とひじ、手首の使い方を身に付けます。

バックカットの打ち方

フォアカットに比べて肘を安定した形でカットのスイングができますので、正しいフォームで打つことができます。構えはコートに平行にたってから、右足を少し前に出して左足を下げ、両足のつま先に軽く体重を預けて前衛姿勢をとります。ボールのコースに合わせて移動し、左足を後ろへ引くと同時に左肩と左肩を引き、ラケットがhぢあり方の高さに車でバックスイングします。
ボールが左胸の前に来たらラケットを斜め下に振り下ろし、インパクトの瞬間、ボールに下回転をかけます。バックスイングの時左足に移した体重を、右足に移しながらインパクトします。振り切った後は、ボールの方向を確かめ、元の姿勢に戻ります。

サービスの打ち方

カット主戦型のサービスは、カットの体制に安定した形で入るために、レシーブから強く攻められない下回転、横回転サービスが中心になります。しかし、レシーブが甘く上がって来たときはすかさず強打で攻撃し得点します。次に初めから、第3球攻撃で得点する意識を持って打つサービスがあります。これも下回転、横回転サービスをバックとフォアの両側から出します。カット選手同士の場合は催促ルールという規定があり、カット選手にも攻撃力は要求されています。

レシーブの打ち方

カット主戦のレシーブは、ショートカット、ロングカットと下回転で返球するので、比較的安定してます。問題は、ネット際へのショートサービスの処理の仕方です。攻撃型はこのレシーブを狙って一気に攻めてきます。変化したボールを低く入れたり、裏をかくナックルボールなどを打って、一気に攻められないようなレシーブを心がけます。ロングサービスに対しては、本来の主戦武器のカットで返すことになりますが、スピードがあるために、第3球攻撃で打たれることも当然考えられます。そこで回転の強弱や高低などボールに変化つけて、攻め込まれないようにしなければなりません。

身に付けたい6つのポイント

カット主戦型の選手が身に付けたいことは、次の6つのポイントです。

(1)守備範囲を広くする
カット選手の生命はやはり守備力です。広い守備範囲を身につけるためには、攻撃選手の2倍の動きが必要です。そのためには何と言っても足腰を鍛えておくことが第一歩です。

(2)スマッシュに強くなる
広い守備範囲とも関連しますが、スマッシュに強くなることがレベルアップにつながります。一本でも多くのスマッシュを返球することによって、相手にミスが生まれる可能性が増します。

(3)緩急に強くなる
相手の強打には強いカット選手でも、ゆるい山形のボールには弱いタイプもいます。緩急を混ぜた左右前後の揺さぶりに対して、どのように返球したら良いかも、毎日の練習の中に取り入れて研究しておきます。

(4)一発の攻撃力をつける
カット選手でも攻撃力が必要です。攻撃力といっても、連打は必ずしも必要ではありません。一発で決定打となるドライブ性の破壊力のある攻撃を、身に付けておくことです。
この場合スピードはあまり必要ではありません。ゆっくりしたタイミングで、確実に決めるドライブを身につけておきます。

(5)ストップをチャンスボールにする
相手がストップをする場合は、攻めあぐんでいるときです。これをチャンスボールにして、攻勢に転ずる体制に持っていくことが戦術的にも必要です。この際、相手のフォアに送り、次のボールをドライブで攻めます。

(6)常に打つ体勢で
守りが主体のカット選手ですが、相手には心理的にも常に攻撃できるという印象を与えなければなりません。そうすれば作戦的にも成功と言え、試合運びも有利に展開します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ