卓球のレシーブはどうやるの?

サービス側は、サービスから先手を取り、得点に結びつくようなサービスに全力をあげてきます。
そこで、レシーバーは、相手のサービスがすぐ得点に結びつかないような、レシーブをする必要があります。逆に自分が先手を取れる体制に持っていけるレシーブを研究しなければなりません。レシーブは正確に、安全に返すことが第一ですが、相手の攻めとか守りを予測して、第3球が打ちづらい球種とコースを考えてレシーブしなければなりません。ゲームではレシーブのできいかんで決まる場合が、非常に多くなっています。

レシーブの構え方

レシーブの構える位置は、相手の戦型、サービスの出す位置などで変わります。普通の攻撃型の選手はミドルからバックサイド寄りに、コートに沿って約50センチの距離に左足を少し前に出し、半身になって前傾姿勢をとります。膝を曲げ、体重はつま先にかけて、どこにでも動けるように構えます。ラケットを持つ腕は肘を曲げてコートの高さと同じか、少し下に降ろして構えます。カット選手は、コートから1メートルほど離れた中央の位置で前傾姿勢をとり、右足を少し前に出し腰を降ろして構えます。

対ドライブ性サービスに対するレシーブ

ドライブ性前進回転のボールを普通に返すと、レシーブしたボールは上に高く上がります。そこで低くて効果的なレシーブを相手コートに入れるためには、ラケットの角度を下向きにして、ボールのスピードと回転を押さえるように返球しなければなりません。

対カット性サービスに対するレシーブ

カット性後進回転のサービスを普通に返すと、レシーブはネットに引っ掛ける事になります。そこで、ラケットを上に向け、ボールをすくい上げるようにしてレシーブします。また、カット性サービスはネット際に小さく出される場合が多いので、打って返すことが難しく、同じ下回転のツッツキで返すレシーブをすることが多くなります。

対横回転サービスに対するレシーブ

右回転のサービスは、普通にレシーブすると、ボールは相手のバックサイドに飛んでいきます。そこで右回転を殺して左回転のボールを返します。また、左回転のサービスに対しては、逆に右回転をかけたレシーブをします。相手の横回転が右か左かをいち早く判断することが、このレシーブでの課題です。

対無回転サービスに対するレシーブ

回転のないナックルサービスを普通に返しますと、ボールは下に落ちてネットを越えません。この場合もラケットを上向きにして、すくい上げるように返球します。このナックルサービスは、カット性のサービスと同じフォームから出されるので、そのインパクトをよく見て、どちらであるかを早く判断することが重要になります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ