卓球ではフットワークが生命

攻撃型選手がスピードやスピンなどパワーアップするためには、いい打球点で打つことが必要です。そのためには、返球されたボールへいち早く移動して、常にいい打点を確保する、良いフットワークが必要です。最も適切な体制と打点で打てば、ボールにスピードやスピン、パワーが加わり、高い得点力になります。いいフットワークのための前提条件は、強いバネのある足腰にあります。フットワークのための足腰の鍛錬が重要になります。いいフットワークをマスターするために要求されることは、ボールポジションを早く判断して、予測することです。その上、状況に応じてどの位置へも、素早く移動できるようにしておきます。これをマスターするには、いろんな場合を想定しての、動きの反復練習が必要です。

フォアにクロスに攻められた場合のフットワーク

(1)ボールの方向を見てフォアへ動く体勢に入る
(2)右足に重心を移し、右肩を前にバックスイングに入る
(3)ボールのコース、スピードに合わせ体を寄せる
(4)右足を交差させ踏み込むと同時に、ボールを捉える

フットワークは2種類ある

攻撃選手の場合、試合では、フォアへ大きく動くフットワークと、小さく動くフットワークが必要になります。大きく動く場合は、両足を交差させます。まず右足を大きく踏み出し、その後、左足を右足の前に交差させて、その後右足を移動します。小さい動きは右足を大きく踏み出し、右足に体重を移動させて、ボールに当てるだけでなく、しっかりしたスイングで打ちます。この場合も手の動きだけでなく、安定した体勢が必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ