ボールの基本的な回転を覚えよう

スピンは、前進回転、後進回転、横回転、無回転の4種類があります。
卓球はラケット、ラバー、接着剤の研究開発によって、スピードやパワーとともに、スピンの競技でもあります。

前進回転(トップスピン)

ラケットを下から上に動かして生まれる回転を前進回転(トップスピン)と言います。このトップスピンのボールをドライブボールといい、この打法をドライブ打法と言います。
スピンのよくかかったドライブボールは、相手のラケットに当たった時、上の方へ跳ね上がる性質を持っています。
そのため、ドライブを正確に返すためには、ラケットを下向きに押さえて打たなければなりません。
このドライブボールに、さらに強力に上方にスピンをかけたボールをループ・ドライブといい、カット攻撃に効果があります。

後進回転(バックスピン)

前進回転とは反対に、ラケットを上から下に動かして、ボールにスピンを与えるのが後進回転(バックスピン)です。
このバックスピンをかける打法が、カットです。カットされたボールは相手のラケットに当たった時は下の方へ飛ぶ性質を持っています。
そのため、正確に返球するにはラケットの面を上に向けて打たなければなりません。
コートから離れてバックスピンをかける打法を中心にしてゲームを進めるのがカット選手です。
コート上(台上)でこのバックスピンをかけるのは、ショートカット(ツッツキ)と言われています。

横回転(サイドスピン)

ラケットを右から左、左から右へ横に振ってボールに回転をかけることを横回転といい、特に、サービスの時使われるテクニックです。

左回転ボール

ラケットを左から右に振って回転をかけたボールは左回転ボールとなり、相手のラケットに当たると左へ飛ぶので、相手が正確に返球するには、ラケットを斜め右に向けなればなりません。

右回転ボール

左回転とは逆にラケットを右から左に振って、回転をかけたボールは右回転ボールです。
このボールは相手のラケットに当たると右方向へ飛びます。そのため正確に返球するためには、ラケットを斜め左へ向けなければなりません。

無回転(ノースピン)

スピン競争の中で逆に注目されているのがこの無回転んボールで、このボールは一般的にはナックルボールと呼ばれています。
このナックルボールを意識的に使うことで、スピードのあるスピンボールを打ち合うことに慣れている選手には、大変効果的です。ただ、スピードが遅いために、狙い打ちされる危険もあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ