フリックの技術を強化しよう

フリックの打ち方
(1)右足か左足を状況に応じて踏み込む
(2)バウンドの頂点を手首を使って払う。バックスイングは大きく取らずに手首を使ってインパクトする。払う際に手首を使い、バックかフォアへレシーブを打ち分ける。

ドライブ攻撃型などの攻撃選手にとって、台上の短いボールの処理は大きな課題の1つです。それもただ返すという守りの形だけでなく、ネット際のボールを積極的に攻撃して、先手を取る形に持っていくことが必要になります。現在の卓球では、この台上の凌ぎ合いから、どのような展開に持っていうかによって、勝負が決まってしまうのです。台上のボールは、ラケットを軽く握り、手首と指を使って小さな動きで払ったり、弾き返すようにして処理します。バックスイングがほとんど取れないので、手首の操作がポイントになります。ボールはバウンドの頂点で払います。この場合、相手にコースを分からないようにすることも必要です。どのコースに攻めるかによって、この打法が効果的か、どうかが決まります。同じフォームからクロスへもストレートへも打てれば、相手の動きをみて相手の逆をつくこともできます。フォア前のボールの攻め方としては、手首を使い、ストレートへ攻めるのが、この打法の効果的な作戦です。この打法はペンホルダーの方がシェークより容易にできます。バック前のボールに対しては、ペンホルダーやシェーク共右足を踏み込み、小さいバックスイングからラケットにボールを乗せるようにしてから、ひねってスイングします。フリック打法は、小さい動きで返球を速くして、次の攻撃に入るのが狙いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ