バック系の技術を強化しよう

グリップやラケットの角度がシェークハンドは自然に出るので、早く習得でき非常に有利です。
シェークハンドはバックハンドが生命です。バックスイングは肘を使って体の中央に引き、その後ボールを引きつけ打ちます。インパクトの後は、腕を右斜め上に振り抜けばいいです。

バックハンドドライブ

バックハンドドライブは、体を低く腰を落とす体制から、バックスイングをして、下から上に振り上げる感じでボールを打ちます。手首を使い、ボールに前進回転を与えます。ボールにスピンとパワーを与えるために、インパクトの後は一気に振り抜きます。この場合、スピードよりスピンが重要なので、ボールの引きつけと鋭いスイング、フォロースルーが勝負です。

ブロックの技術

ブロックとは、バックを狙った相手のドライブとかスマッシュという、スピードとパワーのあるボールをコート上で止める技術のことです。相手の速いスマッシュとかドライブに対して、時間的にも回り込む余裕のないときは、ブロックして、逆にこれを攻勢に転ずるきっかけを作ることができます。ブロックは相手のボールに威力があるため、ボールに向けるラケットの角度をどのくらいにしたら良いかは、練習で覚えるしかありません。テーブル上かテーブルのすぐ後ろでブロックするのですから、つま先を立てて前傾姿勢をとり、フリーハンドもバランスをとるために、自然の動きにすることが必要です。

プッシュの技術

ショートの一種です。ショートには守りのショートと、攻めのショートがあります。プッシュとは、攻めのショートです。相手がバックへ甘いボールで攻めてきた場合は、押し込むように相手のバック、またはフォアへプッシュして、チャンスボールが返ってくるようにします。この場合は、まずラケットを前に出すと同時に、フリーハンドを引きます。ラケットを前に押し出し、前傾姿勢でボールに体重を乗せるようにします。プッシュは、すぐ得点打になるわけではありません。そこで次の攻撃の体勢を作るために、速く元へ切り替えの反復練習が必要です。

ツッツキの技術

ツッツキは、守りの技術と思われがちです。しかし、攻撃型のプレーヤーにとってもこの技術は、得点をするための展開の中で、非常に重要なテクニックの1つになっています。攻撃同士では下回転のショートサービスが多くなり、コート上での短い距離から戦いが始まります。そのためにツッツキで返す戦法が非常に多くなっています。低く、よく切れるツッツキを、正確に狙ったところに返すのが基本です。この場合のステップは、平行足より右足が前に出して、全体のバランスをとります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ