ドライブをパワーアップする

卓球では、得点力を高めるためには、得点する率の高いドライブの技術の強化が必要になってきます。より速いスピード、より威力的な回転、一発で決めるパワー、そして、正確なコントロールをつけるための基本、フォームをチェックしてみましょう。どの打法でもそうですが、基本に合った正しいフォームから出ないと、パワーがあってコントロールに優れたドライブは、生まれません。ドライブ選手の基本姿勢で大切なのは、下半身の安定です。肩の幅より広めにスタンスをとり、両足の付け根から曲げた前傾姿勢をとって、膝を軽く曲げ、つま先に重心をかけます。左足を右足より前に出します。右足のつま先をやや外側へ開き、左足は正面に向けます。肘は体の前で、体と直角になるように自然に構えます。フリーハンドも同じです。脇は軽く締めながらも余裕を持つ感じです。ラケットはペンホルダーもシェークハンドも自然に握ります。

スイングの基本

良いスイングとは、その人にあった自然の振り方ということです。良いスイングは、安定した下半身から生まれます。ボールをよく見ること、ボールから目を離さないことが大切です。
肘が上がったり、肘が脇の下にくっつきすぎるのは、一休はいいボールが打つことができても、連続してパワーのある、正確なボールを打つことができなくなります。

ドライブをいかにして連続して打てるようになるか

良いバックスイングをとり、フリーハンドでバランスをとりながら、インパクトの瞬間にラケットを鋭く降って、上体が崩れないようにします。強いボールを打った後、姿勢が崩れてしまうと、連続してドライブを打つことができません。次に体重の移動をスムーズに行うため、膝と腰の使い方にも注意しましょう。良いバックスイングとインパクトでの鋭いスイングだけでは、威力あるボールは生まれません。インパクトの後のフォロースルーで、体重を左足に移動し、ボールに体重を乗せるようにすることが大切です。左足を踏み込み、左足に体重を乗せて思い切って振り切ることこそが、ドライブボールをスマッシュ並みの決定打にすることができます。振り切った後は、素早く腕を元の構えの状態に戻して、次のボールに備えるようにしましょう。

バックスイング

スタンスをしっかりとり、右足に重心を移しながら腰を落とし、ラケットを下げ、バックスイングをとる。フリーハンドとの連動も大事です。威力あるフォアハンドドライブを打つためには、バックスイング、インパクト、フォロースルーの3つが、一貫してスムーズに行われることが必要です。ここでは、この中で最も重要な影響力を持つバックスイングについて。スピードやスピン、パワーが安定しているボールを連続して打つためには、しっかりしたバックスイングが必要です。全力を投入してスイングするためには、まず下半身の基盤であるスタンスを安定させなければなりません。相手のボールに押されないよう、体勢が崩れないように、しっかりしたスタンスが必要です。
この時、腰を落とすことも大切ですが、落としすぎるのもいけません。スタンスを広めにし、少しだけ腰を落とした構えが、理想的です。ボールが飛んできたら右足に体重を移し安定させ、腰をひねってラケットを下げ、バックスイングを取ります。腰の回転と膝の使い方でバックスイングの強弱、ラケットの角度でパワーのあるスイングが生まれます。それには、フリーハンドとの連動も当然必要です。バランスのとれたフリーハンドが不可欠なものになります。パワーのあるドライブボールを打つための大きなバックスイングには、同じように、大きなフリーハンドの動きが連動して、初めてバランスのとれたフォームが作られます。

スマッシュとドライブ両方とも打てるように

ドライブはいいが、スマッシュが打てないという選手もいます。現在の卓球で勝つためには、ドライブはもちろんのこと、スマッシュも打てることが絶対不可欠になります。

・スマッシュのバックスイング
ラケットを高い位置にとり、スタンスは広くとる。フリーハンドも高く対照的にとることが大切です。ラケットを後方へ横に引きますが、フリーハンドは思い切り前に伸ばして、目標を定める調整をします。腰をひねって右足に重心を移動させます。インパクトの時右足から左足へ重心を移してボールを叩きますが、スマッシュを正確に決めるためにはラケットの角度の調整が大切になります。

・ドライブのバックスイング
ラケットをスマッシュより低い位置で後ろへ引く。スタンスはスマッシュと同じく広くとる。ラケットは右斜め下に引きます。

・練習方法
スマッシュとドライブを打ち分けるためには、ドライブのラリーの中にスマッシュを取り入れる反復練習で、身につけるようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ